top

萩原朔太郎没後80周年を記念した共同展示「萩原朔太郎大全 2022」に関連し、萩原朔太郎と永瀬清子の魅力に迫ります。

日 時

令和5年218日(土)
午後1時30分~4時(開場:午後1時)

場 所

赤磐市くまやまふれあいセンター
(岡山県赤磐市松木621-1)

東京時代の永瀬清子・長男・長女
岡山第六高等学校の朔太郎
(写真提供)
萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち

前橋文学館

内 容

「第20回永瀬清子賞」表彰式
 「第20回永瀬清子賞」優秀賞受賞作品朗読

講演 綾目広治 ノートルダム清心女子大学名誉教授
※後日、講演の配信を予定しています。
詳細は、市ホームページなどでお知らせします。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、内容変更となる場合があります。
会場内ではマスクの着用や手指の消毒等、感染予防策にご協力をお願いいたします。
発熱等の症状がある場合や、ご体調がすぐれない場合は、ご来室をお控えください。

定 員
150人(先着順)

参加費
無 料
(電話・ウェブ・FAXでの申込が必要)

申込開始
1月5日(木)午前9時~

申込締切
2月6日(月) 必着

申 込 方 法

電話申込
086-201-2001
受付時間 平日(月~金)9時~17時

FAX申込
086-201-3001

受託業者:株式会社オフィスダン

問 い 合 わ せ 先

赤磐市教育委員会熊山分室 TEL. 086-995-1360
※この番号では申し込みができませんのでご注意ください。

※当日は、永瀬清子生家の見学ができます。詳しくは、永瀬清子生家保存会ホームページをご覧ください。

永瀬清子展示室企画展
「萩原朔太郎大全 2022 詩人の系譜—萩原朔太郎から永瀬清子へ」

永瀬清子は、佐藤惣之助に詩の添削を受けて詩の道を歩み始め、惣之助の友人・萩原朔太郎の言葉に励まされていました。相次ぐ二人の死に臨んでは追悼詩を書いてその死を悼みました。
この展示では、萩原朔太郎の顕彰に協力したことを示す、前橋文学館所蔵の永瀬清子書簡を中心に紹介します。

開催期間
12月9日(金)~3月26日(日)
午前9時~午後5時(月曜休館)

場 所
永瀬清子展示室
(くまやまふれあいセンター2階)

入場料
無 料

協 力
萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち
前橋文学館

【交通案内】

■山陽自動車道山陽・和気ICから車で15分
■JR熊山駅から徒歩20分
 当日はJR熊山駅から会場まで
 無料送迎バスがあります。
(行き)午後0時30分~1時30分
(帰り)終演後~

同時開催

朗読会・企画展関連図書紹介
萩原朔太郎に関連する図書などを図書館の蔵書から学芸員が選書して紹介します。

開催期間/1月28日(土)~2月19日(日)
場  所/赤磐市立 中央図書館・熊山図書館

問い合わせ先 <本の貸出について>
・中央図書館 TEL:086-955-0076
・熊山図書館 TEL:086-995-1273

タイトルとURLをコピーしました